コクガン(カモ目カモ科)
 ユーラシア大陸、北アメリカ、グリーンランド等の極北部で繁殖し、西ヨーロッパ及び北アメリカの沿岸部、中国の渤海湾、朝鮮半島の沿岸部で越冬。
日本では、冬鳥として主に北海道、東北地方に飛来。関東以西の本州、九州にも少数が定期的に飛来する場所がある。

特徴 頭から頸、胸は黒。喉に白斑。黒くて短い嘴。ガン類にしては太くて短めの頸。上尾筒、下尾筒、下腹は白い。体上面は黒褐色。幼鳥は体上面に淡色の縞模様がある。喉に白斑がない個体もいる。

鳴き声 グルルルまたはグワワ、グワワ。

生息場所 内湾、岩礁海岸、他のガン類のように内陸の湖沼や農耕地に入ることは少ない。

大きさ 55〜66cm。
     翼開長 115〜125cm

  (撮影2007年02月19日) 

もとのページに戻るには、ブウラウザの<戻る>をクリックしてください。