カナダヅル(ツル目ツル科)
 北アメリカ北部とシベリア北東部で繁殖し、北アメリカ中部及び南部で越冬する。渡りをしない亜種が北アメリカ南東部とキューバに分布。
日本では稀な冬鳥として北海道、本州、四国、九州で記録がある。鹿児島県出水平野には毎年数羽が飛来している。

特徴 全身が灰色。褐色の羽が多少混じる。頭頂に赤い裸出部(♡マーク)がある。黒い嘴。飛翔時雨覆は灰色。風切は黒。
幼鳥は頭頂の赤い皮膚の裸出部がない。

鳴き声 グワッ、グワッまたはクルルー。幼鳥はピー、ピー。

生息場所 水田、畑、湿地。

大きさ 全長 95~100㎝。 翼開長 175~195㎝
                                     (撮影2008年11月12日)

もとのページに戻るには、ブウラウザの<戻る>をクリックしてください。