津波戸山登山(2002年 1月20日)

 津波戸山は、大分県山香町にあり、奇岩怪岩の山である。
山中には弘法大師にちなんだ88ヶ所の霊場があり、なかでも奇岩怪岩が林立する東西の支尾根に
大師像が祀られたさまは荘厳と、分県別登山ガイド「大分県の山」に紹介されている。
 登山道路は地元の方々の手によって整備され、鎖・ロープなどがつけられていた。
今回は、下の案内図の88ヵ所巡拝路と逆周りに88番から歩いた。
登山口までのアプローチ
 北九州市八幡西区→200号線→県道22号線→201号線→58号線→徳永から椎田バイパス→10号線
でJRの西屋敷駅を目指す。
参  加  者 山キチ・なかむとし・山旅人・ふじ・ヤマメ11・山部・大分市内の後藤
亜紀・山小夜・ゆか・山ふたすじ・山ひとすじ 12名    <敬称略>
天     気 曇り時々晴 <下山後から雨> \(^o^)/
時     間 AM8時55分出発・PM1時5分帰着
登山口から途中旧海蔵寺跡に立ち寄り、右側岩山巡り入る。
ロープに頼り一気に88番へ登りつめると素晴らしい眺望が開けていた。
そこかしこに仏像があり、霊場番号と作者の名前が彫刻してある。

岩山の尾根を通り66番霊場に向かう。眺望は見事である。
左側の岩の裂け目の道を通り抜けていく。
弘法大師像に参拝。
大師像近くには綺麗なヤブツバキが咲いていた。
津波戸山展望所で昼食休憩し記念写真を撮影した。
展望所からの眺めは素晴らしい。
後ろは崖で、オオッ怖!!!(@_@)
針の耳をよじ登り、左側の岩山の尾根に出る。
屹立する奇岩が見られた。
素晴らしい眺望。
岩山の尾根。
この岩峰にも登りました。
細い石橋を渡って隣の岩峰へ渡る。
下は断崖絶壁だ。
思わず走ってしまう。
渡り終わっているのは山ふたすじです。

下山後、風の郷山香温泉で入浴。
山旅人さんのレポートはこちらからどうぞ。
山キチさんのレポートはこちらからどうぞ。